HOME > 植木 > クチナシ SS
常緑樹 落葉樹 針葉樹 特殊樹 大型樹 低木類 グラウンドカバー シンボルツリー コニファー類 植木アウトレット

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

掲載の商品は店頭販売もございますので在庫が無い場合がございます。 お急ぎの場合は先に在庫確認をお願いいたします。
常緑と落葉
四季にわたって葉をつけている樹木。 1年以上落葉せず、交代に新葉をつけるので いつも緑葉をもつ樹木。
低温や乾燥の続く期間すべての葉を落とし休眠する樹木。 1年未満で枯れ、多くは広葉樹で、落葉に先立って紅葉するものもあります
送料
関東地域の送料無料です。
送料が別途です。 送料は自動計算されませんので後ほどメールにてお知らせいたします。
樹高の目安
樹高(土より上の部分)の目安です

植木

  • 常緑樹
  • 送料無料
  • SS
商品コード: 植木

クチナシ SS

商品説明:


□ 特 徴


クチナシはツヤのある濃い緑色の葉を付ける常緑性の低木で暖かい気候を好みます。初夏に素晴らしい芳香を放つ肉厚の花を咲かせます。花は咲き始めは純白ですが時間が経過するにつれてだんだんとクリーム色を帯びた色になります。

花の後にできる果実は昔から染料や漢方薬として利用されてきました。栗の甘露煮に鮮やかな黄色い色を付ける食品の着色料としても利用されます。



□ 置き場所・育て方・害虫 など


寒さに弱いので東北を含むそれ以北の地方では地植えで育てるのは難しいでしょう。特に乾いた冬の風には非常に弱く枝の先端が枯れてしまうこともあります。日当たりの悪いところでは花つきが悪くなりますが、夏にがんがん直射日光の当たるような場所でも土が乾きすぎて生育が悪くなります。半日陰の場所が植え付けるには理想的な場所です。鉢植えで育てる場合は夏は直射日光の当たらない場所に移動させて、それ以外の季節はできるだけ日当たりの良い場所で育てましょう。寒風が当たらず、半日陰〜日向の場所が理想的といえます。

乾燥に弱いので土の表面が乾いていたらたっぷりと与えるようにしましょう。特に夏は乾きやすいので地植えにする場合は株元に直射日光が一日中当たるような場所はあまり適しません。

肥料は2月と8月に1回ずつ化成肥料と油かすを等量混ぜたものを株元に施します。鉢植えにしているものは2ヶ月に1回くらい粒状の油かすを株元に与えます。鉢植えのものは冬には肥料を与える必要はありません。

水もちの良い土が適します。粘土質の土では育ちにくいので腐葉土を混ぜて水はけが良くて軽い土にします。

株が大きくなってから植え付けてもなかなか根付きにくいです。

花の咲く頃に伸びてくる新しい枝に来年の花が咲きます。秋以降に枝を切ってしまうと花芽ごと枝を切り落とし翌年の花つきが悪くなることもあります。花木の剪定は冬の時期に行うものが多いのですがクチナシは花が終わった直後、できるだけ早い時期に剪定を行います。混み合った部分の枝や枯れた枝を切り落とす程度であまりいじる必要はありません。

オオスカシバの幼虫は特にクチナシについて葉を食べてしまう害虫です。スミチオンなどの殺虫剤を定期的にまいて駆除しましょう。

販売価格(税込) 2,500 円
ポイント: 0 Pt
在  庫
お取り寄せ
個  数

カゴに入れておく

このページのTOPへ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

COPYRIGHT © Kotobuki Shopping All Rights Reserved